るりかけすの日曜奥様板金講座。
                             (最初で最後!)

2003年、年の瀬も押し迫る某日。
とうとうやってしまいました。初めての××。
フィガロ乗りのみなさんには
同じ部位の前科がある人が実は多数存在。
バックするときには右後方に要注意です。
おしりがぷりぷりだからね。フィガロは。

「裏側から押すとぺこんっ!と元に戻るよ。」
と言う助言を受け、
簡単板金?に挑戦することに。

ほんとに戻るのか?
こんな見事な凹みが…。
後部の幌(ほろ)収納を開けたところです。

助言通り、まずはこいつを外しましょう。
ネジがあちこちにあります。

ちょっと体勢がきついところもあり。
持ち手が長くないドライバーもあると便利。
あまりに固くてネジ山を潰しそうだったので
力仕事係を投入。

「ドライバーなんか使っちゃダメだよ」
と、早速ダメ出しを受けました。
プラスチックの幌収納を外し(排水用のパイプに注意)
トランクも開けます。

するとなにやら変な穴が…。
ここから手を突っ込んで
凹んでる部分をひたすら、押す!
ちょび〜〜〜っとだけ、戻ったのが分かります?
矢印部分。

これ以上は遠くて手が届きませんでした。

凹んだ部位によっては元に戻るかも。

と、まぁそんなわけで、見事失敗に終わりました。初めての日曜奥様板金講座。
もっと劇的に元に戻るのを期待してたのにな。

しかし、例え凹みが戻っても塗装のひびはどうしようもありません。
あとは大人しくプロに任せるのが得策かと思われます。

そして「本当に幌収納は外す必要性があったのか?」という疑念も残ったり…。
プロの手間を省くために外しっぱなしにしとこうかな。


















女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス